アーティフィシャルフラワー、シルクフラワーを使ったインテリアフラワーアレンジ専門ショップ、フラワーサロンコンチェルトです♪

遅ればせながら・・先日新商品が入荷しました♪
Princess Garden、Rosette、Luxe、Sweet Roseシリーズなど、多数入荷しております。

ブログでも少しずつ商品のご紹介をしていけたらと思います。

前回受付のご予約商品も、先月中に全て制作完了&発送しました^^
予定よりも早くお届けで来て良かった♪

連日の作業で右手に疲れ

このところショップの商品やご予約品、頼まれものなどで、連日お花作品を作っています♪
作りたい病はまだまだ治る気配が無いのですが、グルーガンの押し過ぎなのか、ペンチの握り過ぎなのか、ワイヤリングやテーピングで手を動かし過ぎなのか、
はたまたマウスの押し過ぎか、キーボードの叩き過ぎか?!

きき手に疲れが出てきました^^;

心と体は元気いっぱいなんですけどね。右手だけやけに疲れる・・ので、

大事に至らないうちに、腱鞘炎予防対策

ドライヤー時間を軽減したり、掃除機を左手でかけてみたり、手を酷使しないワイヤリング法を編出したり・・(笑)
持っている道具の中でも極力握力が要らないものを使うようにしたり、
と右手に負担が集中しないように気を付けています♪

自分史上Maxな制作量でスキルもアップ♪

考えてみたら、生徒時代も、先生時代も、こんなに毎日毎日作品を作り続けるなんてことはなかったので・・

自分のペースで思う存分好きなことができて有難い限りです (*´꒳`*)

ショップを始める前(教室をしていた頃)は、せいぜいイベント前に短期間集中でとか、月に1~2個のサンプルや、たまに頼まれるオーダー品くらいしか作っていませんでした^^;
作ること以外にやることが山ほどあって忙しかったし。

ショップを始めてからが一番沢山作品を作っています。
ここ数年でスピードと制作スキルが自分史上最大に上がったかも。

成長のスピードや身に付けたことは、人と比べるんじゃなくて、過去の自分と比べるようにしています。

やはり上達のためには沢山作るのが一番♪
作るのが面倒に感じる人には苦痛でしょうが・・Concertoにとっては何時間やっていても苦にならない、楽しくて仕方ない制作作業です(*´꒳`*)

煩わしいお花の制作はConcertoに任せて、お客様はゆっくりお茶でも飲みながらのんびりなさっていてくださいね( *´艸`)

やっぱりConcertoには教室の先生より、黙々、コツコツ系の職人的な仕事の方が合ってるかも・・。

身体を壊さないように、これからも楽しく作業を続けたい♪

という訳で、Concertoのように作るのが大好きな方、これからたくさん作ってスキルアップするぞーーという方にもお勧めなこの一品↓
グルーポット。

低温タイプと高温タイプがあります。

Concertoが買ったのはコレ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【花材】資材 グルーポット1個 説明書付 ブラック
価格:2332円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

 

今までにも、資材やさんやカタログ、書籍などで見かけてはいたものの、花を始めて以来十数年間、全く必要性を感じずスルーしていたこのグルーポット。
グルーポットの中の、ぽこっと出ている部分や、ワイヤーが渡してある部分は、グルーの糸引きを落とすための部分ですね。

使ってみたら超便利でした!

ごめんね、今まで無視して。

初めて使うお道具なので、用心して低温タイプのものを購入しました。

高温になる部分の面積も広いし、作業中に負傷したく無いので・・。
作業効率と強度的には多分高温タイプが良いと思うので、慣れたら高温に買い替えるかも。

グルーガンは、低温と高温とを併用しています。
レッスン生やお教室ではやけど防止のために低温がおすすめです。

グルーガンを持って、押して(グルーを出して)、置いて、次の作業でまた持って押して、置いて・・というこの作業だけでも何度も手を動かさないといけないし、ギュ~っと押すのも結構力いるんですよね。

作業量が少ない時は、そういった煩わしさや力の入れ方なんて意識もしませんでしたが、作業が増えるともっと効率化良く綺麗にできる方法がないかな~?と思うことが多々あります。
お道具や作業方法については日々改良しています。

グルーポットがあると、ワイヤーの先や花首にチョンとグルーを付けて、一瞬で花材の固定や下処理ができます。
ボンド感覚で使えて、すぐに固まるので便利♪

ちなみにグルーポットは、このようなペレットを溶かして使います。
パラパラっと入れて数分で溶けて平らになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【花材】資材 グルーペレット1袋
価格:1512円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

Concertoが購入した低温タイプのグルーポットには、スティックホルダーがついていたので、そこにスティックを立てておけば下からゆっくり溶けていってくれて、
ペレット、スティック、両方使えます。
ホルダーがついていないものでもグルースティックをカットして入れてしまえば大丈夫。
2~3センチの大きめカットでも綺麗に溶けましたよ♪

お教室やレッスン生には、やけどのリスクも上がってしまうので、低温グルーガンだけで十分かなと思いますが・・
イベント前でたくさん作らなきゃ~!って時やスキルアップの為に沢山作りたい、作るのが大好き♪という人には、スピード&労力が劇的にセーブできてお勧めです^^

そのほか、

アーティフィシャルフラワーのアレンジ制作にオススメのお道具はこちら↓から

お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具Part1

お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part2】

お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part3】